知覚過敏の痛みは治る?治し方や対処法はコレ

知覚過敏の原因

歯のトラブルの中には虫歯だけではなく知覚過敏と呼ばれる症状が起きてしまうことがあります。一般的に多いのは、歯の付け根近くの部分が知覚過敏になり、歯がしみて痛みを感じてしまうことになります。

スポンサーリンク

知覚過敏の原因は?

知覚過敏の痛み

原因として挙げることができる内容では、歯が余計に削れてしまったことをきっかけとするケースが目立ち、この対処法では用いる歯ブラシを硬めではなく普通タイプや柔らかいタイプに変えて、歯磨きの際には優しく歯を磨きあげることが大切でしょう。あまりに強い力で磨いてしまった場合では、歯の表面を削ってしまうことになり、その結果として知覚過敏になるので注意が必要です。

知覚過敏の治し方について

治し方 対処法

自宅でできる対処法の中にはキシリトールを含むガムを噛む方法も用意されています。ガムを噛んで唾液を多く出す方法で修復できる可能性が高まります。また、効果的な薬用成分が入れられている知覚過敏用の歯磨き剤も販売されています。このタイプであれば歯の神経を保護することができ、対処法としては優れた効果を発揮させることができます。

自宅では完治できない状態であれば、歯科クリニックで行う治し方があります。歯の状態に合わせて治療が行われますが、知覚過敏用の薬を塗り込む方法や、表面に対してコーティング剤を塗る方法、削れてしまっている部分に対しては、専用のプラスチック素材で埋める方法なども用意されていて、見た目も綺麗に修復させることができるでしょう。歯周病の方であれば歯周病の治療を行うことが必要ですが、歯科クリニックでは多くの症例に対応しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする