【知覚過敏】市販の薬の副作用とは?歯医者に行くべき?

知覚過敏の薬

知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が食生活の影響によって薄くなって、歯の神経に部分的に一部が露出して、その神経部分に冷たい液体などが入ると歯が沁みて痛くなる現象です。

市販の薬でも手軽に使用することでこの知覚過敏を和らげてフォローすることができます。

スポンサーリンク

市販の薬の副作用とは

薬の副作用

エナメル質の保護並びに補強する薬ですが、確かに補強にはよく効くものですが、これには意外に副作用の強いものがあります。まれに歯茎に炎症をおこしてしまい、歯肉炎を起こして放置すると歯周ポケットが広がり歯周病になりやすくなります。

歯を補強することがメインになって歯茎を傷めてしまっては知覚過敏を治した意味がありません。そのためにこの知覚過敏に関しては、歯医者さんに相談の上薬を処方してもらうほうがいいです。

知覚過敏は歯医者で治療するのが最善

知覚過敏 歯医者

歯医者さんで弱いこの症状を和らげる薬を試して貰ってから、効果が薄いようであれば薬のレベルを上げていくこともできますし、歯の表面の薬剤のコーティングであれば数回の歯の治療ですみますし、副作用なども歯医者さんが確認しながら行うので安心です。

市販の薬だから大丈夫とは思わず、市販の薬だからこそその内容をよく理解せずに使用することはやめたほうがいいですし、もし使用して副作用があり後になって歯の治療をするほうが結局は遠回りにもなります。この知覚過敏も内容によっては治療になるので保険の適用もあるのでまずは歯医者さんに診察してもらって病気として治療したほうがいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする