歯槽膿漏は治る?治す薬や歯磨きのやり方について

歯槽膿漏の薬

歯槽膿漏は歯周病の一種といわれており、歯茎が赤くはれてしまったり、膿んだり、ぐらぐらしたりする症状があります。歯周病が一歩進んだ状態であるので、適切な処置が必要となってきます。

スポンサーリンク

歯槽膿漏の初期症状とは

歯槽膿漏の初期症状

歯槽膿漏の初期症状は感じないことが多いですが、歯を磨いたときに出血をしたり、歯や歯茎が下に下がっている、腫れている、膿が出ている、口臭がひどくなった、なんとなく歯がぐらぐらするといったことで気が付きます。歯がぐらぐらしたり抜けそうなときはかなり進行した状態といえます。

歯槽膿漏の原因は口の中の細菌ですので、歯磨きを丁寧に行い歯垢を残さないことが大事です。

歯槽膿漏の治療方法について

歯槽膿漏 治療

歯医者にて見えている歯石や歯茎に隠れている歯石をとってもらいますが、歯槽膿漏が進んでいる場合は、もっと切開をして歯石を取り除いたり歯周組織を再生したり、抜糸を行ったりします。

家で治すやり方としては歯医者に行ったあと、治す薬である専用の歯磨き粉を使用して磨くと良いでしょう。この場合は歯を1本1本磨く感じで、少しずつ歯ブラシを動かしていきます。なお、歯間ブラシや糸ようじを使うのも効果的です。

定期的に検診をうけることが大事

歯槽膿漏

歯槽膿漏は歯磨きの仕方が悪いことから起こることが多いです。虫歯でなくても定期的に歯医者に通うことが大事で、一度でも歯茎が腫れたりした場合は検診を受けた方が安心です。

一般的には半年に1回で大丈夫ですが、薬を飲んでいる、糖尿病である、インプラントをしている、歯並びが悪く磨き残しが多いといった方は毎月か2、3か月に1回は診てもらうようにします。歯が抜けてしまうと費用もかかり、見た目も悪くなるので意識して歯磨きを行います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする