歯槽膿漏と歯周病の違いとは?原因や治し方を紹介

歯槽膿漏の原因

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎に分けることができます。歯肉炎は歯周病の初期段階ともいえる症状で、歯と歯茎の境目が炎症を起こして腫れたり出血しやすくなります。この段階であれば、きちんとブラッシングをすることで健康な歯を状態を保つことができます。

スポンサーリンク

歯槽膿漏になる原因

歯槽膿漏

歯周炎は皮肉炎が進行することによって起こります。原因である細菌が歯を支えている歯槽骨を溶かしていってしまいます。すると歯と歯茎の間の溝がどんどん深くなっていき、そこに歯垢が入り込んでさらに骨を溶かしていくという症状が出てきてしまいます。

これを歯槽膿漏といい、酷くなると歯がぐらぐら揺れるようになり、膿を出したり口臭が酷くなってしまい、最終的には骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜け落ちてしまいます。

この原因は口の中にいる細菌です。細菌が歯の周囲に付着して、細菌の出す毒素が歯茎から入り込み歯茎が腫れたり出血を起こすようになった末に、骨にも影響が出てくるのです。

歯槽膿漏を治す方法は

歯槽膿漏を治す

治し方の基本は毎日歯を磨いて綺麗にすることが大切です。完治のできない病気ですが進行を抑えることはでき、そのためには口の中を清潔に保つことが必要です。細菌の住処になってしまう歯石を取ったりすることで清潔に保ちます。歯石取り以外の治療法法としては、噛み合わせを調整して揺れを最小限に抑えたり、神経をとってしまい痛みを無くすなどがあります。

歯周病にならないためには、毎日の歯磨きと定期的に歯科に検診にいくことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする