歯垢が臭い!! 自宅で歯垢除去する方法とは?

歯垢が臭い

歯についてしまう歯垢は柔らかい細菌の塊です。歯垢が臭いということは口臭へと繋がってしまうだけではなく、固まって歯石になってしまった場合 歯周病の原因となってしまいます。

自宅で歯垢除去は、歯と強く付いているため口をゆすいだだけでは落ちないため、歯ブラシで毎日擦り落としていくのが基本的なケア方法となります。

スポンサーリンク

睡眠前の歯磨きが大事

歯垢除去

細菌の塊のため、口の中の細菌が食事のときにとった糖やタンパク質を分解し始める前の食後三十分以内に歯磨きを行なうことで細菌の活動を弱くすることができます。また、細菌は寝ている間の唾液が少ないときに活動しやすくなります。そのため睡眠前にきちんと歯を磨くことによって最近の活動を弱めて虫歯や歯周病を防ぐことに繋がります。

デンタルフロスや歯間ブラシでケア

歯間ブラシの効果

効果的な方法としては、歯ブラシはコシがあり、毛先が開いてない状態を保つために月に一回程度交換していきます。デンタルフロスは歯と歯の間にある歯垢を除去するのに効果的です。歯ブラシではケアしにくい歯と歯の間をデンタルフロスならケアしていくことができます。歯茎が下がるとデンタルフロスの効率が悪くなってしまうため、そんなときには歯間ブラシがおすすめです。歯間ブラシなら効率的に歯垢を落としていけます。

このようなケアを行なっていけば歯垢は落とすことはできますが、完全に除去することは難しいとされています。自分でとりきれなかった歯垢や歯石を除去するためには定期的に歯科に行きクリーニングをして貰うことがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする