【親知らず】歯茎の腫れが痛い!! 熱をもっているときは冷やすと良い? 

歯茎を冷やす

親知らずの歯茎が腫れて傷みを感じる場合、炎症を起こしている可能性が高いと言えます。この炎症は腫れや痛みだけではなく口臭にも影響するのであまり酷いのであれば専門治療を行いましょう。あまり放置しておくと、傷みが強くなり、口が動かせなくなったり発熱などの症状を引き起こす場合もあります。

スポンサーリンク

歯茎の痛みの応急処置について

痛みの応急処置

自宅でできる対処法として、まずは患部を冷やすことです。あまりにも強く腫れているのなら、濡れタオルなどで冷やし、炎症を抑えます。同時に痛みを軽減させることも可能ですが、傷みが強い場合は痛み止めの方が効果的です。

また、口内環境はできるだけ清潔に保つ必要があります。殺菌作用の強いうがい薬を使用してうがいをしましょう。歯磨きを行う場合は毛先が柔らかいブラシを仕様するようにします。炎症を起こしている部分を刺激しないように優しく磨くことを意識しましょう。

痛みの原因や対処法は?

親知らずの痛み

炎症が起きる原因はストレスや寝不足などで、身体が不調の時に起こりやすいです。身体の抵抗力が落ちている状態ですから少しでも体力を回復させるために安静を心がけてください。もし食事がとれない場合は栄養補給が出来るゼリーなどで水分と栄養を補いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする