【親知らずの抜歯】 歯茎が痛いときや出血している時の対処法は?

歯茎の痛み

親知らずの抜歯後に痛みが出やすいタイミングは【麻酔が切れた時】と言われています。大体1,2時間後に切れてくるので事前に痛み止めを飲んでおきましょう。基本的に処方された痛み止めや抗生物質などは決められた時間に飲むことで、腫れや痛みを軽減することが出来ます。

スポンサーリンク

出血しているときの対処法

親知らずの抜歯

抜歯した場所から出血している場合は、ガーゼを30分程度しっかり噛んでおきます。それでも止まらなければガーゼを取り換えて、1時間程度を目安に噛んでおきましょう。

また、抜歯した場所は1日程度は冷しておきましょう。余り冷し続けると血液の循環が悪くなってしまい、回復の阻害になるので注意してくださいね!

抜歯後に注意すること

抜歯後の注意

抜歯をした場合、以下の行動は避けるようにします。

まずは【うがい】です。抜歯したあとに出来た穴は血液がたまることで瘡蓋ができ、骨を最近からたまります。血液がたまらなければその役割が果たせないので、抜歯した日はうがいを控えましょう。

また【喫煙】や【アルコールの摂取】も控えます。喫煙は毛細血管を収縮させることで回復を遅らせ、アルコールは血液の循環を良くする働きがありますか痛みが続いてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする