奥歯の虫歯は放置すると危険!? 親知らずの治療法を紹介

放置した虫歯

歯の奥は歯磨きがしづらい場所です。そのため虫歯になりやすいのですが、放置しておくと大変なことになる可能性があります。

スポンサーリンク

虫歯を放置すると危険な理由

奥歯の虫歯

歯の虫歯や親知らずの虫歯を放置しておくと、神経に炎症が起こってきます。そして歯の根っこに膿がたまったりして鎮痛剤もなかなかきかない激痛に襲われることがあります。それでも放置してしばらくして痛みがなくなり、歯医者に行かずに放っておくと顎の骨まで炎症が進み、骨が溶けてしまうことがあります。また、虫歯菌が歯以外のところへと感染を広げていくと、蓄膿症になってしまいます。

たかが蓄膿症と思われるかもしれませんが痛みを伴い、治療の際には症状が重いと口の中から鼻へ向けて穴をあける手術を行わなければなりません。また炎症が顎の骨だけではなく喉や心臓にまで及んでしまい、最悪の場合には機能不全を起こして命に関わる危険性があるのです。「たかが虫歯」と放置しておくのはとても危険なことなのです。

親知らずは抜くのが最善の方法

親知らずを抜く

奥歯の虫歯や親知らずは治療が難しいものです。歯磨きがしづらいのと同様に、歯科医も治療がしづらい場所です。そのため、特に一番奥の親知らずの場合には、抜いてしまうことをすすめられることが多くあります。一度治療を行っても虫歯になりやすいことと、抜歯してしまえば奥歯が磨きやすくなり、結果的に他の歯の健康を保つことが出来るためです。

歯医者に行くのが怖いという人も多いのですが、思い切って治療を受ければあっという間に症状がなくなってしまうこともあります。まずは医師に相談してみるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする