奥歯の虫歯が痛い!! 寝れない時の応急処置は?

虫歯が痛い

突然襲ってくる歯の痛み、虫歯の痛みとなると、寝れないほど我慢できないものです。夜のため、治療してくれる歯科もなく、我慢して布団に横になるしかないという経験をお持ちの方も多いです。

スポンサーリンク

奥歯が痛い時の対処法

奥歯の虫歯

寝れない時の対処法としては、まず痛む歯を下にしないことです。痛む歯を下にして横になると、血液が下の痛みのあるほうに向かってしまうので、痛みが悪化します。奥歯の虫歯は、特に親知らずが関係していることも多いので、不潔になっていたり、化膿してしまっている可能性もあるので、歯ブラシをあてず、清潔にしておくことです。

うがい薬でこまめに、うがいすることが大切です。氷を口に含めて、口の中の感覚を麻痺させることで、痛みを鎮める効果もあります。お風呂で温まると血行が良くなり、痛みが強くなるので、できればシャワーですませることです。痛い時には、何をしても痛みを忘れることができず、気になります。

痛い時の応急処置について

虫歯 応急処置

応急処置としては、冷やすこと、痛まないほうの歯を下にして寝ること、痛み止めなどの薬があれば服用すること、食べ物は柔らかいものを食べることです。熱いものは、虫歯の刺激になるので、控えることです。

緊急にみてくれる歯科が近くにあれば、診てもらうこともおすすめします。痛いからと刺激を与えることは控えることです。痛みの症状を少しでも和らげることで、数時間でも寝れることができるように、無理をしないで横になることが大切です。激しい運動は行わず、冷えピタ等を使って、痛む歯の頬を冷やすことも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする