【親知らずの抜歯】麻酔が効く時間は?痛い時や効かない時はどうする?

親知らずの抜歯

親知らずを抜歯する場合、実は生え方や生えている場所によって、麻酔の仕方は変わってきます。基本的には局所麻酔を行い外来で抜歯をすることが多くなりますが、下の親知らずを抜歯する時には、静脈内麻酔を行ったり、全身麻酔を行うことがあります。

スポンサーリンク

麻酔が効く時間について

麻酔 時間

麻酔は通常であれば1~2時間程度で切れます。麻酔が効いている間は口の感覚がないので、食事などをする時には口から食べ物がこぼれやすく、また唇をかんでしまったり歯茎を噛んでしまっても分からないために怪我をする危険性があるので、できれば麻酔がきれてから食事をするようにします。

痛み止めは麻酔が切れる前に飲むようにする方が良いと言われています。麻酔が切れると嘘のように痛みが襲ってきます。これをさけるためなんですよ。

麻酔が効かない時はどうする?

麻酔が効かない

通常麻酔をしてから実際に抜歯を行う前には、かならず痛みなどがないか、感覚があるかなどを確認しますので、この時に強がって痛みがないというようなことを言わないようにすれば、抜歯中に痛みを感じる事はまずありません。

麻酔が効いていない場合、痛みがある場合などはその都度医師に言うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする