放置中の虫歯が痛い!! 銀歯以外の治療法はコレ

放置中の虫歯

虫歯ができてしまっても、直ぐに治療を行わずに放置してしまう方もいるでしょう。できるだけ早期に治療を行うことが推奨されていますが、放置中の虫歯が痛み出してしまった場合では、歯医者に行って治療を受けることが必要です。

虫歯が痛いという状況であれば自然治癒で済ませることができないケースが殆どなので、医師の判断で適切な治療法で治すことが大切でしょう。

スポンサーリンク

銀歯以外の治療方法

歯が痛い

以前は虫歯の治療に関しては銀歯を用いることが一般的に行われていた方法です。しかし、現在では新しい治療法があり、虫歯が痛いというかたに向けて銀歯を用いない技術を利用できます。

有名なものではコンポジットレジンというプラスチックに分類される素材を使う方法があります。歯の色に合わせた白色のプラスチックを治療を行った場所に流し込む方法で、銀歯以外の治療を済ませることができます。この方法であれば治療後に治療痕が目立ってしまうことが非常に少なくなり、見た目上として綺麗な歯の状態を保つことに最適な方法です。さらに保険適用として利用することもできるので、一般的な方でも自由に選べるメリットがあります。

保険適用外の治療方法

虫歯 治療法

虫歯が痛いという方の中には、抜歯を行う必要のある方もいるでしょう。このタイプではインプラントを用いる方法も用意されていて、銀歯を使わない治療を済ませることもできます。

また、セラミックを用いる治療法なども存在していて、このタイプの場合では審美歯科としての役割を持つこともあり、美しい歯を保つことに適しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする