親知らずの抜歯は麻酔アリ?病院で抜くメリットとは?

抜歯の麻酔

親知らずは普通の歯のように生えている場合には、あまり問題がないのですが、顎の骨に埋まってしまっている場合や、横方向に寝たような状態で生えてきてしまう事があります。その時は、親知らずの抜歯を視野に入れないといけません。

スポンサーリンク

親知らずの抜歯について

病院で抜歯する

まず、抜歯の必要があるのかどうかですが、実際には状況により異なってきます。完全に歯肉の中に隠れていて、痛みなどがない場合には、そのままで様子を見ることも多くなりますが、歯肉から出てきている場合、親知らずの分は歯みがきがしにくく、そこが虫歯になる確率がとても高くなります。その結果、親知らずと接している奥歯の部分も同時に虫歯になるケースがおおく、予防的な意味合いで抜歯をした方が良いことがあります。

また、横向きに親知らずが生えていると、成長と共に奥歯を圧迫して痛みがでてきます。実際に痛みが出てきたリ、歯肉が腫れてしまうとまずはその治療を行ってからではないと抜歯ができないので、予防的に抜歯をすることが多くなっています。

親知らずの抜歯は麻酔アリ?

麻酔

親知らずを抜歯する場合、最近では局所麻酔ではなく、全身麻酔を使い 入院するケースがあります。抜糸をする時には麻酔をしなければかなりの大きな痛みを感じますので、通常麻酔をします。顎骨に埋まっている場合などは、顎骨を削り抜歯をする必要があるために、全身麻酔・入院にて抜歯をするケースもありますよ。

病院で抜歯するメリットとは?

親知らずの抜歯

一番の理由としては、「病院で抜いたほうが、トラブルが起こった時に対処しやすい」ということでしょう。細心の注意を払って準備・抜歯手術をしてもらえますが、親知らずの抜歯による出血や 麻酔によるトラブルが起こった時、病院ならすぐに医療機関へ回してもらえ、処置してもらえます。

その他の理由としては、「病院で抜く」「トラブルに対処してもらいやすい」ということで、気持ち的にも 安心して抜歯を受けられる事にあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする