初期虫歯の治し方について!! 黒い点や茶色は着色が原因?

虫歯の治し方

初期虫歯は非常に小さな黒色もしくは茶色に近い変色が見られる特徴を持っており、痛みや違和感といった自覚症状はほとんど生じないため、早期治療を行って悪化させないように注意が求められます。

スポンサーリンク

初期虫歯の治し方

初期虫歯

一般的な治し方としては歯医者へ診断・治療を受けに行く選択が最も確実となりますが、単なる着色汚れの場合も十分に想定されることから、医療費と検査に掛かる時間を考慮するのであれば予め原因を特定しておくと効率的に解決できます。

また、初期虫歯がある程度まで進行するまでの間に関しては自然治癒が期待できる例も多く存在し、歯の再石灰化を促進させる環境づくりによって削らなくても治療できる可能性が考えられます。

自然治癒で再石灰化

歯 再石灰化

再石灰化の促進に必要な要素としては歯磨きでプラークを徹底除去しておき、口の中が酸性へ傾かないようにすることで、歯を溶かしてしまう作用の抑制へ繋がっていきます。市販の歯磨き粉にはフッ素が配合されている場合も多くあり、これらを使用すると虫歯菌の活動防止と歯の強化が期待できます。

しかし、歯磨きのあとでうがいを念入りに行ってしまうとフッ素は効率良く作用しないため、初期虫歯の治し方としては若干歯磨き粉が残る程度の流し方を心がけておくと有効です。

口の中が歯磨き粉の影響で不快感を感じてしまう場合、ジェル状のフッ素を別途利用する選択肢も効果が見込め、寝る前などにコーティングを行えば根本的原因である虫歯菌の活動を弱め、新たな虫歯の発生リスクを低下させられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする