【銀歯の中の虫歯】 治療法や治し方、料金は?

銀歯の虫歯

銀歯の中の虫歯は、やっかいです。銀歯が歯とぴったり合っていなかったり、粗悪なセメントがつけられている場合、銀歯の中に虫歯菌が入り込みやすくなり、結果的に虫歯になりやすくなります。場合によっては、虫歯菌の独壇場になってしまいます。

スポンサーリンク

虫歯の原因は?

虫歯の治療

金属の裏に出来る虫歯は、処置した歯科医の手技による部分が大きいので、銀歯を外して中に虫歯があった場合、処置に関して疑った方がいいでしょう。

銀歯の中の虫歯の治療法は、精度の高い治療を受けるしかありません。精度の高い治療を受ければ、虫歯が進行することはありませんので安心してくださいね。金属の詰め物には隙間が必ずできるので、銀歯の中に虫歯ができた時は、しっかり治療を受けましょう!

銀歯の中の虫歯は、錆びたり、セメントがダメになることで起こります。そのため、虫歯になりにくい治し方をしないといけません。

主な治療法や料金について

歯医者の費用

銀歯の虫歯の治療法としては、錆びない素材を選ぶことが大事で、【金合金】や【セラミックス】を使用します。壊れにくい、劣化しにくいセメントを使う方法もありますが、とにかく詰め物の精度が高いことが重要になってきます。料金については、ピンキリなので、歯科医に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする