【初期虫歯】削らない治し方やフッ素で治す方法を紹介

フッ素入り歯磨き粉

初期虫歯には、削らない治し方があります。大きな穴が開いてしまっている場合は仕方ないですが、削ると歯が弱くなってしまうので、初期虫歯であれば できるだけ削らない方法で、虫歯治療する方法がとられています。

スポンサーリンク

コンポジットレジンで治す方法

虫歯の治療

保険でできる治療として、コンポジットレジンという方法があります。コンポジットレジンは柔らかい樹脂になっていて、光を当てると固まります。この材料を使用すれば、虫歯を削らずに治療できます。虫歯だけを取って歯の部分を残して詰めることができるのです。保険診療でできる方法で、色も白いので、きれいに治療できるのでオススメですよ!

フッ素を塗布する方法

虫歯の予防

ほかには、フッ素で治す方法もあります。初期虫歯は削らずに、フッ素塗布で改善できます。歯の表面が白くなってきたり、溝が黒くなってきたりしている場合、初期虫歯に該当します。これは、エナメル質が溶け始めている証拠なのですが、歯を削らずにフッ素塗布することで、フルオロアパタイトという固い層を作ることができます。

フッ素は、乳歯や生えたての永久歯に特に効果的で、フッ素塗布は虫歯を予防する効果があります。自宅でフッ素入りの歯磨き粉を使って治療できるので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする