【虫歯治療】麻酔の副作用や食事ができる時間について

歯の治療

虫歯治療では、麻酔の副作用があります。表面麻酔のあとに行う浸潤麻酔や伝達麻酔については、アドレナリンが含まれているので、副作用として動悸が起こる場合があります。

こうした症状は、主に高血圧や心臓疾患のある人に起きやすいのですが、万が一、この症状が出た場合は、安静にすることです。しばらくすれば、改善されるはずです。麻酔の副作用が心配なら、麻酔を受ける前に歯医者に相談しておくことです。

スポンサーリンク

麻酔あとの食事ができる時間は

麻酔後の食事

虫歯治療で麻酔を受けた後、気になるのが、食事ができる時間です。大人の場合、浸潤麻酔は治療後1~3時間程、伝達麻酔は治療後3~6時間程、麻酔が効いています。子どもの場合は、浸潤麻酔になり、治療後1~2時間になります。麻酔が切れてから食事を摂るのが賢明です。

食事をする時は、感覚が鈍っているので、誤って唇やほっぺたを噛んでしまわないように気をつけましょう。また、麻酔で熱いものが感じにくくなっているので、やけどに気をつける必要があります。特に小さい子供の場合は気をつける必要があるので、麻酔が効いている間はなるべく食事は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする