1歳の子供の初期虫歯!! 乳歯の治療法について

子供の虫歯

1歳の子供の初期虫歯は、乳歯を治療することになります。乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯も虫歯になりやすくなるので注意が必要です。乳歯は永久歯に生え変わるまでの間、重要な役割があり、乳歯の虫歯を放っておくと口の中の虫歯菌が増加し続けることになります。

スポンサーリンク

乳歯の虫歯の治療法や注意する事

乳歯の治療

新しい永久歯は未熟なので虫歯になりやすく、1歳の子供の初期虫歯は、乳歯であってもしっかり治療しないといけません。

乳歯の初期虫歯の治療方法は、エナメル質形成不全の場合、念入りに歯磨きすることで解消されます。白濁が出てきた場合、初期虫歯の可能性がありますが、すぐに歯医者に行けば、歯を削る必要はありません。フッ素を塗って歯そのものを強くすることで治すことができます。

赤ちゃんの虫歯

1歳の子供は虫歯になりやすいので、間食の時間や内容をよく考えましょう。また、歯磨きとデンタルフロスを日頃から行い、定期的にフッ素を塗ることも 虫歯の予防にオススメです。

1歳の子供で初期虫歯として、乳歯に小さな虫歯が出来てしまった場合は、神経にまで届く前に虫歯を綺麗に削り取ります。そしてプラスチックで埋めて処置をします。神経まで広がった虫歯については、子供であろうと抜歯が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする