【虫歯】神経の治療は痛い? 抜いたら激痛がはしるってホント!?

虫歯 神経

虫歯治療で歯医者さんに何回も通うケースもあります。歯の神経の治療は痛いのかというと、根の治療をすると毎回のように痛いことがあります。歯科治療で使用するのは、針金のような細いファイルの器具です。これを用いて、細菌感染をした壁を削る作業になります。

スポンサーリンク

神経の治療方法は?

虫歯の治療

根幹治療する際、既に神経はないですから、痛くはないものですが、状況によっては痛くないとも言い切れません。それは歯の先端部分をチェックしたら、ヒビが入っているからかもしれません。歯根膜のところがデリケートな人の場合は、治療でファイルを移動させる時には、痛みを感じやすくなります。

神経の根の治療が痛くて辛い時には、歯科医に相談をして麻酔を使用するといいでしょう。痛みに耐えられなくて治療をやめてしまうと、細菌を根の中に残すことになりますから、再発する要因となるのです。それは避けないといけないので、治療には麻酔を希望するといいです。

歯の神経を抜く際に…

虫歯 神経を抜く

歯の神経を抜くのは【抜髄】と言いますが、虫歯でこれをやると激痛が走ります。神経近くに虫歯菌が進んでいる状態だと、それに抵抗しての炎症が起こります。炎症が起きるので、いつもよりも血液の量は増えます。歯髄腔内でいつもよりも増加した血液は、歯髄を圧迫することになりますから、激しい痛みを感じることになります。

痛みが強すぎる時には、治療で麻酔を使用しても効果が効きにくいですが、最近ではちゃんと多めに麻酔してくれるところも多くありますので、神経を抜く際に少しでも痛みを感じるなら、早めに担当医にいうことで痛みのない無痛治療を施してもらえますので安心してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする