前歯の初期虫歯の治療費はいくら?痛い時の応急処置について

前歯 初期虫歯

前歯が初期虫歯になってしまった場合、その治療費はいくらぐらいなのでしょうか。初期虫歯ということであれば、虫歯の大きさは小いものなので、患部を削って詰めるという治療が一般的です。ここでは、前歯の初期虫歯の治療費や応急処置についてご紹介します。

スポンサーリンク

前歯の初期虫歯の治療費はいくら?

初期虫歯の治療

治療費は何で詰めるか変わってきます。プラスチックで詰めるコンポジットレジンという治療の場合、その費用は保険診療3割負担で約2,000円前後です。なお、治療に要する日数は約1日です。銀歯を詰めるのであれば、治療に要する日数は約2日で、保険診療3割負担で約4,000円前後です。

痛い時の応急処置について

虫歯が痛い

前歯の初期虫歯において歯科医に応急処置を依頼することもできます。しかし、応急処置というのはあくまで応急のものなので、根本的な治療にはなりません。軽度の痛みを軽減することはできますが、軽減される痛みも、時間も限りがありますので、それを承知の上で依頼された方がよいでしょう。

市販の物でできる応急処置方法

虫歯 応急処置

仕事の関係で歯医者に行くことが難しいということもあります。その場合の応急処置をご紹介します。

その応急処置方法とは、フッ素の塗布です。歯磨きをしっかり行った上で、市販のフッ素ジェルを患部に塗布するというものです。うまく再石灰化が進めば、自然治癒によって治る可能性もあります。最近は、歯磨き粉にフッ素が配合されているものもたくさんあります。そちらを合わせて使用することで、より効果的になります。

しかし、この方法はあくまで応急処置です。根治を保証するものではありませんので、一番は歯科医を受診し、治療してもらうことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする