【虫歯治療費】セラミックの相場はどれくらい?

セラミックの相場

今銀歯より目立たなくて、強度や接合部分からも虫歯になりにくいと評判のセラミック治療、このセラミックでの虫歯治療費の場合の相場はいくらくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

セラミックで治療する場合の治療費は?

セラミック治療

まずは、小さな虫歯をセラミックで直す場合の治療費を見てみましょう。自費診療の場合、3万円から5万円程度、治療にかかる日数は1日から2日です。次に、セラミックでかぶせ物をする場合の治療費ですが、こちらは自費診療で7万円から12万円かかります。治療の日数は2,3日程度です。

これらの治療は、麻酔をしてセラミックが入る形に歯を削ります。かぶせ物の場合は仮歯を作ります。そして、歯の写真を撮り、3次元化します。それを機械で削り出すことで、歯を作ります。作った歯を接着剤でつけて、かみ合わせを調整します。

ブリッジでの治療費

ブリッジ治療

ブリッジの治療をする場合は、自費診療で27万円から40万円かかります。治療日数は約3日間です。治療の過程としては、最初に歯のない部分の前後の歯を、ブリッジが入る形に削ります。そして、それに合うように仮歯を作ります。

歯型を取って、翌週ブリッジを調整し、最終的に接着剤で固定します。ジュコニアという材料を使用することで、金属を使わずにブリッジを作成することができます。そのため、見た目がきれいで汚れが付きにくいものができます。

セラミックは材質が劣化せず、色が変化しないため、長期間きれいな状態をキープすることができます。汚れが付きにくいことから虫歯や歯周病にもなりにくいです。自費診療なので費用は高めに思えるかもしれませんが、上記のようなメリットを考慮すると、それほど高いものでもありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする