銀歯の虫歯が痛い!! 穴の対処法や治し方について

銀歯の虫歯

虫歯が痛いときというのは、その痛みに集中してしまいがちなので、仕事や勉強なども手につかなくなってしまい、頭痛や吐き気がしたりするような事もあるものです。そうなってしまうと、普段の生活にも支障が出てきてしまうので、どうしようもない事になります。

近くに歯医者さんが無いとか、仕事の事情でどうしても歯科に行けないというような場合、また夜中に急に歯痛に襲われてしまったというような場合も無い話ではありません。そこで虫歯が痛い時の対処法についてここではご説明したいと思います。

スポンサーリンク

虫歯が痛い場合の対処法

虫歯の対処法

昔からよく言われている歯痛の場合の対処法の一つに、【正露丸を虫歯の穴に詰める】というものがあります。結構においの強い薬ですので、外出時などには難しい技となりますが、夜間に歯医者さんに行けなくて眠れないほど痛いというような時には、ダメ元と思って試してみると良いでしょう。

また、痛いところを氷などでしっかりと冷やしてあげるというのも楽になるものです。虫歯で患部が腫れてしまっているような場合には、それを冷やすことで炎症を抑えてあげるという効果があるからです。

銀歯の虫歯の治し方は?

虫歯の治し方

銀歯の虫歯の治し方については、色々な方法があり人によっても様々なやり方があるかもしれませんが、一番効果的なのはやはり痛み止めをのんでしまうというものです。歯医者さんで処方された鎮痛剤なら一番良いのですが、無い場合には市販の頭痛薬や生理痛のための痛み止めなどでも十分ですので、まずはのんでみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする